「ケンガンオメガ」103話ネタバレ 嵐山VS速水正樹決着!イヤホンはあの為だった

ケンガンシリーズ
空井

こんちには、管理人の空井ゆう(@yuu_aira8025)と申します!

今回はマンガワンで配信されたケンガンオメガ第103話のネタバレと感想を紹介します!

煉獄VS拳願会8戦目、ついに決着です!そしてイヤホンの秘密も明らかに…

前回の内容→「ケンガンオメガ」102話ネタバレ考察 お兄さんはもっと怖い

アイキャッチ画像出典:©サンドロビッチ・ヤバ子/だろめろん ケンガンオメガ103話より引用

「ケンガンオメガ」103話のネタバレ感想

試合決着!裏で色々動いているけど…

空井

ここは嵐山に勝ってほしかったな…

片腕やられても嵐山ならまだ戦えると思いましたが、速水正樹相手には致命的でしたね。

最後ロロンの「良き闘いだった」という言葉にどこかくるものがありました。

次ロロンが戦うなら絶対勝って無事にベンチに生還してほしい!

さて今回の戦いで明らかになった速水正樹の正体とイヤホン、そして試合結果などまとめていきます!

速水正樹の正体まとめ

  • 目黒正樹の進化版クローン
  • 目黒正樹と速水正樹は会って稽古していた
  • 速水正樹は回生により目黒正樹の人格を憑依

東洋電力会長は目黒正樹の才能を認めていたが狂気が強く扱いづらく感じていました。

そして誕生したのが「速水正樹」、目黒正樹の実力をそのまま引継ぎ狂気だけを抑えた

まさに進化版クローンとして速水正樹が作られてました。

そして試合前から伏線が張られていたイヤホンは、呉家秘伝の「回生」により

目黒正樹の人格を蘇らせるためのアイテムでしたね。

回生とは?

簡単に説明すると幼少期から洗脳をして違う人物の人格を憑依させること。

これによりアラン・呉は始まりの呉「呉黒」の人格を宿していました。

やり方は憑依させたい人物の声や生き様を語った話しを永遠と聞かせる

そして103話の最後で登場したゴールドプレジャーグループ代表の倉吉理乃は東洋電力会長の実娘。

つまり家系図的には倉吉理乃にとって速水正樹は義弟になります。

前回から続いていた「かわいそう」というタイトルは、自分の人格を目黒正樹に書き換えられる事に思った感情という事でした。

試合の裏で動いていること

  • 雷庵、呉連合軍とエドワード・呉

試合裏で1番気になっているのは呉連合軍とエドワード・呉の衝突。

過去にエドワード・呉の裏切りで次期当主候補だった「呉陸斗」という人物が殺されていました。

そのためエドワード・呉は、呉一族と呉氏にとって共通の敵として認知されています。

アラン・呉との試合中にエドワード・呉を見つけたことで雷庵はアランを瞬殺し、そのまま場外へと飛び出します。

また上の観客席にいた呉恵利央と呉星も動いています。

嵐山VS速水正樹の試合中は何も描かれていませんでしたが、9戦目に入る前にどうなっているか知りたいところですね!

エドワード・呉や呉陸斗に関しては96話で詳しく描かれています。

96話のネタバレ記事→「ケンガンオメガ」96話ネタバレ エドワード・呉の登場でやばい展開に…

  • テディと串田凛

99話冒頭でフランスのニースにて柔道100キロ超級世界王者「テディ・ネルネール」は山下商事の串田凛と会談をしていました。

ここでは拳願会側の串田がテディに話しをもちかけているようで

しかもその話しは拳願会側が勝利することが前提です。

またあともう1人の人物を待っていて、その人物を「彼」と呼んでいました。

串田、テディ、「彼」の3人で何かの話し合いをするので対抗戦が終わるくらいでまた描写があるかもしれません。

99話のネタバレ記事→「ケンガンオメガ」99話ネタバレ 嵐山は黒木玄斎の境地だった

  • 龍鬼と桐生刹那

ナイダン戦で傷心モードに入った臥王龍鬼、ナイダンを殺して以降ベンチには戻ってこず

ずっと廊下で1人でいましたがなんと桐生刹那が接触しています。

桐生刹那が話しかけて以降の描写が無いので先の展開がわかりませんが

おそらく対抗戦が終わる前に進展はあると思います。

  • 拳願会側の蟲

ロロンに指摘されてから煉獄だけでなく、拳願会側にも蟲が潜んでいる可能性が出てきました。

速水正樹が戦い前は東洋電力会長がバックいる事やクローン技術が使われている事から

拳願会側の蟲は速水正樹ではないかと思っていましたが、どうやら違うようですね。

確かに蟲組のクローン技術は使われていましたが会長が目黒正樹よりも強いクローンが作るために使ったもので速水正樹自身は蟲ではありません。

しかし「速水正樹が蟲ではない」というハッキリとした説明も無い為まだ分からないというのが現状です。

それともう1人考えられるのは大久保。これは読者の間でも大久保が蟲説が騒がれていました。

理由は衣装で体を覆っている、加納アギトに抱き着いた時に毒を盛った、言動が怪しい…など

もう読者も疑心暗鬼になので確かに疑ってみれば大久保も怪しいですが、それなら若槻も言動が少なく疑いの余地はありそうです。

どちらにせよあと5人しかいないので、このうちの誰かが蟲なのか

または出場闘技者以外のところで蟲が潜んでいるのか…これは対抗試合が終わっても注目すべきポイントです。

ここまでの試合結果

煉獄 拳願会
1戦目
2戦目
3戦目
4戦目
5戦目
6戦目
7戦目
8戦目
試合成績
  • 煉獄 4勝4敗
  • 拳願会 4勝4敗

煉獄、1人も無事に帰ってこない

ここまでの煉獄
  • メデル→医務室
  • トア→医務室
  • 隼→重症
  • トア→医務室
  • ヒカル→医務室
  • ナイダン→死亡
  • 呂天→多分医務室
  • アラン・呉→死亡
  • 嵐山→重傷で多分医務室

もう対抗試合も後半戦になっていますが流石に拳願会強すぎます。

試合結果はお互い4勝4敗で互角ですが、そのうち2回が拳願会側の殺しによる反則負け。

ここで両チーム残りのメンバーを見ていきましょう

拳願会側は若槻、アコヤ、二徳、王馬、大久保

煉獄側は二コラ、劉、飛、赫、ロロン

こう見ると体格差で言えば煉獄側が少し不利なように思います。

二コラ、劉、飛は小柄なので体格差不利は否めません

しかし劉と飛は三鬼拳、二コラはナイダンが危険と判断した人物です

三朝が自身より大きいヒカルを圧倒していたように武の技術で圧倒するかもしれません。

おそらくまだ煉獄側に蟲はいると思うので今後のカードに注目ですね!

「ケンガンオメガ」103話のまとめ

103話のまとめ
  • 速水正樹が勝利!
  • 拳願会と煉獄の戦績は互角
  • 速水正樹のイヤホンは回生に使うため

ということで今回はケンガンオメガ103話のネタバレと感想を紹介しました!

ケンガンシリーズを全巻読むには無料トライアルでもらえる600ポイントを使い1冊50円で読めるU-NEXTを利用して

その後は初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです。

それでは次回以降も更新され次第、紹介していこうと思います!