「ケンガンオメガ」108話ネタバレ 満を持してロロンが登場

ケンガンシリーズ
空井

こんちには、管理人の空井ゆう(@yuu_aira8025)と申します!

今回はマンガワンで配信されたケンガンオメガ第108話のネタバレと感想を紹介します!

107話で明らかになった二コラの正体と過去、試合の方はどうなるのか…?

前回の内容→「ケンガンオメガ」107話ネタバレ ジャンまさかの思い込みの狂気だった

「ケンガンオメガ」108話のネタバレ感想

ロロンがすごいかも

空井

ここにきてロロン、圧倒的強さを見せてきた

二コラ(ジャン)と阿古谷、お互い攻撃されては反撃しての繰り返しを続けていました。

阿古谷は今までにない神経をを突いた攻撃に苦しめられるも

持ち前のフィジカルとお得意の正義執行で確実に二コラを追い詰めています。

今回にいたっては特に考察する部分も無いのですがロロンの登場はかなり衝撃的でしたね!

今までのロロンは雰囲気や実績から「おそらく煉獄メンバーで最強」という事は分かっていましたが

攻撃するされるというシーンは無かったので強さが未知数だったのですが

阿古谷と二コラ、お互い暴走状態にある両者をいかも簡単に吹っ飛ばすという強さを見せつけました。

速水正樹VS嵐山の戦闘では、嵐山が黒木並みかそれ以上の実力者だと黒木本人からの言葉がありました。

その嵐山に勝ったキングことロロンは相当だと思っていましたが、これはかなり期待できそうですね。

ただ結局のところ嵐山は負けてしまっているので拳願会メンバーに勝てるのかは疑問が残ります。

そもそも「蟲」ついて話し合いをするため残っていた両チームのメンバーがフィールドへと集まるシーンがありましたが

その時、現在行方不明の雷庵がパンチをしたときに呂天があっさりとパンチを受け止め嵐山は微動だにしないという「強キャラ」感を出していました。

あの時は相当強いキャラだと思っていましたが呂天も嵐山も普通に負けて医務室送りになっています。

まぁどちらも強いという事には変わりのない人物ですが、相手が悪かった…

なので今までの流れでいくと強キャラ感を出すと負けるというジンクスがあるのですが

果たしてロロンも同様に負けてしまうのか、それともロロンだけは本当の強者なのか、注目ですね。

というか戦績は煉獄と拳願会で互角ですが煉獄メンバーは今のところ誰一人として無事にベンチに帰っていません。

この試合が本当にロロンの言う通り終われば、二コラが初の生還者になりそうです。

おそらくこの試合はここで終了。審議の結果は引き分けとかが一番よさそうですかね、どちらもルール違反をしているので…

「ケンガンオメガ」108話のまとめ

ということで今回はケンガンオメガ108話のネタバレと感想を紹介しました!

ケンガンシリーズを全巻読むには無料トライアルでもらえる600ポイントを使い1冊50円で読めるU-NEXTを利用して

その後は初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです。

それでは次回以降も更新され次第、紹介していこうと思います!