「呪術廻戦」真人の術式や強さを考察!声優や初登場シーンも紹介します。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会
原作
空井

こんちには、ブログ管理人の空井ゆう(@yuu_aira8025)と申します!

今回は呪術廻戦に登場する「真人」について紹介していきます。

術式や強さなども考察してまとめているので是非、最後までご覧ください!

アイキャッチ画像出典:©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

内容にはネタバレが含まれます

今すぐ「呪術廻戦」をお得に読む方法

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

普通に買うよりお得です!

「呪術廻戦」真人とは

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

人間に潜む負の感情から生まれる呪霊、白髪ロングでイケメンですが傷を縫い合わせたようなつぎはぎをしているのが特徴的。

アニメでは7話の後半にてパラソルの下でくつろぎ本を読む姿で初登場します。

作中で最も黒幕と思わせる夏油傑と関係を持っている呪霊の1人で他にも複数の特級呪霊が行動を共にしている様子。

性格は普段は本を読んでいたり戦略など普通の会話をする一面もありますが一方では

自分の術式に対しての好奇心から人間を子供がオモチャと遊ぶように改造・変形などを楽しむサイコパスな一面もあります。

人の命を軽く見て性格も冷酷さがあるのでファンからは嫌いという意見が多いキャラクターです。

「呪術廻戦」真人の声優

アニメ版で声優をされているのは島﨑信長さん

島崎さんは他の作品としては俺物語‼︎、斉木楠雄のΨ難、Free!などが挙げられます。

担当したキャラ
  • 俺物語‼︎ 砂川誠
  • 斉木楠雄のΨ難 海藤瞬
  • Free! 七瀬遙など

個人的には俺物語‼︎で砂川を演じた際のテンションが低いが冷静さを感じられる口調と脱力した感じがすごく合っていたと感じました!

アニメ版真人では、まだ登場は少ないですが第一声はゆったりとした落ち着いた口調で登場。

真人の性格的に見て戦闘で追い込まれる場面などからイケメンボイスがどう豹変するのか見どころです。

「呪術廻戦」真人の術式と領域展開

真人の術式は「無為天変」むいてんぺん。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

これは真人が直接相手の魂に触れることにより自由自在に変形・改造をする事ができる技です。

真人はまだ呪霊としては生まれたばかりであるためか、自分の術式に興味津々であり

子供のように無邪気に無為天変を使って人体実験を繰り返しているます。

戦闘では翼などを生やして戦うことや、破壊された腕を再生させるシーンもあることから相手だけでなく自分自身も術式で変形させる事が可能なのがわかります。

領域展開は「自閉円頓裹」じへいえんどんか。

©芥見下々/集英社・呪術廻戦製作委員会

無数の手が存在する領域のなかに相手を取り込み、触れる事で発動する真人の術式にとって無敵の空間と化す。

他にも「多重魂」たじゅうこん、付近にいる人間など多数の魂を融合させる技があり、

それを応用して多重魂させた魂の拒絶反応を利用して魂の質量を高め相手に放つ「撥体」ばったい、という技を使います。

「呪術廻戦」真人の戦闘スタイル

原作では何度か真人の戦闘シーンが出てきており、その中でも7巻の五条悟や虎杖悠仁/両面宿儺との戦闘シーンが印象的です。

虎杖悠仁/両面宿儺との戦闘では、虎杖は真人により友人を目の前で殺されてしまい激怒し一発ぶん殴ります。

真人は攻撃を食らったことに驚くがそれは虎杖が体内に宿儺を取り込んでいる事により魂の輪郭を知覚している為、真人の魂を攻撃できる。

そして、宿儺の魂に触れてしまった真人に対し「俺の魂に触れるか…共に腹の底から小僧を笑った仲だ一度は許す2度はない。分を弁えろ痴れ者が」

と宿儺からの先例を受けるが戦闘は続き、二度目に宿儺の魂に触れてしまい圧倒的な力の差で切り裂かれてしまう。

真人は魂に触れても術式を使えないほど「魂の格が違う」とうなだれながらも戦闘を投げ出し一時退散をしてしまいます。

これらにより虎杖に対しては勝てるものの宿儺に対しては格の違いで歯も立たない為、虎杖を仕留めることは難しいと思われますね!

五条悟との戦闘では自身の間合いに無限という次元を作る事によって攻撃が当たらない、触れる事ができない五条悟に対して

真人は相手に触れなければ術式の効果を得られないためかなり相性が悪い事がわかります。

しかし、五条悟の術式や領域展開はチート級にも程があるので相性もクソもなく肉弾戦でも

特級呪霊の漏瑚の戦闘において圧倒的な力の差を見せつけているので真人は勝つ事は難しいでしょう。

「呪術廻戦」真人の強さをランキング

以上のことを踏まえて、個人的考察から真人の強さをランク付けしてみると4位が無難かと思います。

現在、戦闘シーンがないキャラの中からも予想ををたて5位までを上位から並べるてみると以下のようになりました!

ランキング
  • 1位〔五条悟〕
  • 2位〔夏油傑〕
  • 3位〔両面宿儺〕
  • 4位〔真人〕
  • 5位〔東堂葵〕

5位の「東堂葵」に関しては肉弾戦だけだと真人を上回ると思いますが、術式・無為天変をされては真人が一枚上手のような気がします。

3位「両面宿儺」に対しては五条悟や虎杖悠仁/両面宿儺との戦闘を見るに魂の格が違いすぎ術式が効かないどころか歯が立ちません。

2位「夏油傑」はまだ戦闘シーンがありませんが、おそらく呪術廻戦のラスボス的存在であるため呪霊側のボスでもあり

過去に五条悟と肩を並べる実力を持っているためにこの順位が妥当ではないかと思います。

1位〔五条悟〕に関しては、作品1番の最強キャラであり現段階では圧倒的な差をつけると予想。

しかし、全部の指を揃えた両面宿儺とはどうか分からないと言っていることを考えるに

もし戦う事になればかなり熱い展開になることは間違いないでしょう!

「呪術廻戦」真人のまとめ

ということで今回は呪術廻戦に登場する「真人」について紹介しました!

術式と領域展開の名前がかっこよすぎません…?

アニメで見れることを期待しています!

呪術廻戦を全巻読むには初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです。

今後も呪術廻戦に関する情報を発信します。