【BLEACH】卯の花烈が怖すぎる!真の正体や強さについて解説します!

BLEACH
編集部

こんにちは、ひなたのーと編集部です!

今回は「BLEACH」護廷十三隊四番隊隊長の卯の花烈のご紹介をしたいと思います。

彼女に隠された過去と真実とは?

更木剣八との関係性も興味深いのでぜひ最後までご覧ください!

今すぐBLEACHを半額で読みたい人へ

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

千年血戦篇は55巻からです!

アイキャッチ画像出典:© 久保帯人/集英社

「BLEACH」卯の花烈とは

©久保帯人/集英社 

元々は護廷十三隊四番隊隊長で物腰が柔らかく、落ち着いている女性です。

長い髪の毛を編んで顔の下に下げています。

たまにお茶目な一面や笑顔のまま怒るときもあり、卯の花が怒ると誰も勝てないほど恐れられています。

護廷十三隊とは「警察」「軍事」「治安」などの機関であり、四番隊は「治療と補給」が専門で、後方支援で戦う隊です。

なので四番隊に所属している隊員は他よりも戦闘能力が低いので他の隊からは格下に見られがちです。

彼女は味方はもちろん「敵」に対してでも治せるものは治すという主義です。

そして自分の意思を必ず貫く精神力もあります。

副隊長である虎徹勇音(こてついさね)とは仲が良く、勇音からたまに一緒に寝て欲しいと頼まれることもあり慕われています。

特技は「剣道」で総隊長と同じくらいの古株です。

アニメ版では水着姿で登場した場面がありましたがかなりスタイルが良く、自分だけでなく勇音にもセクシーな水着を選び

勇音が断ると笑顔で「これにしなさい」と威圧していて、勇音は渋々卯の花が選んだ水着にしていました。

「BLEACH」卯の花烈の戦闘能力

肉雫接(みなづき)

解放すると鞘から大きいエイのようなものが出てきて、

卯の花を乗せて空中を浮遊して山に薬草を取りに行ったりします。

また、このエイの中には治癒効果があり、怪我人を体内に取り込んで治療しながら運ぶこともできる。

ですが卯の花は斬魄刀を自分で持たずに普段は勇音に持たせています。

卍解・皆尽(みなづき)

能力の詳細は不明ですが、卯の花を中心に周りに血のような液体が流れて落ちる。

その落ちた液体を集めたような刀身を作っていました。

「BLEACH」卯の花烈の戦闘・活躍

千年血戦篇ではなく以前の戦闘では、一護達の排除に他の死神達が出向いてる騒動のなか

殺害された藍染惣右介の遺体を解剖していました。

ですがその遺体に不自然な部分があり、この騒動の裏に藍染が関わっていると

洞察力の高さで見抜き勇音の能力を使って他の死神に伝えるなどしていました。

また一護が現世に行く為に霊圧で道を作りながら進んでいましたが、

ガタガタだったため一護を笑顔のまま一喝し卯の花が道を作り現世にいきました。

この時卯の花の威圧に負けた一護は「すいません」と謝りました。

「BLEACH」卯の花烈の真の姿

©久保帯人/集英社

千年血戦篇で、山本総隊長の命令で四番隊が隊舎内で待機していました。

そんな中、山本総隊長が戦死しユーハバッハ率いる「見えざる帝国」が撤退した後に総隊長となった京楽春水が卯の花に対し

初代剣八・卯の花八千流」と驚愕の発言をしました。

そう実は彼女こそが「初代剣八」。今の十一番隊の原型を作った人物で、

山本総隊長から護廷十三隊に誘われる前は空前絶後の大悪人で大罪人でした。

十一番隊の隊長だったときは優しさなどもなく、少し冷たく殺伐とした性格をしていました。

「八千流」と言う名前は自分で名乗ったものであり、「天下無数にあるあらゆる流派、そしてあらゆる刃の流れは我が手にあり」という意味。

その強さでまともに戦うことができない不満があり、隊長になった後も「賊の討伐」と言ってちゃんと戦える相手を探していました。

更木剣八との出会い

相手を探していたとき、自分と同じ「まともに戦える相手がいない」悩みを持つ少年と会い戦いまいした。

2人共戦闘に高揚していましたが、初めて「まとも」に戦える相手との戦闘で

自分より弱い卯の花を殺したらもうこんな戦いはできないと思い、無意識に卯の花に合わせて自分の力を抑え込んでいました。

そして剣八の力を抑え込んでしまった自分の不甲斐なさにショックを受けましたが、

彼こそが「剣八」に相応しいと思いました。

更木剣八についての記事はこちら→【BLEACH】更木剣八と草鹿やちるの関係性は?卍解や真の強さを解説します!

「BLEACH」卯の花烈の戦闘

更木剣八との戦闘

千年血戦篇で京楽の命令で剣八の本当の力を取り戻すため

「剣八に戦術を教える」という名目で「無間」で2人の本気の斬り合いが始まります。

斬って斬られては回道で回復を繰り返し、少しずつ剣八を追い込んでいきました。

この時初めて卯の花の卍解が明かされました。

剣八はそのおかげで少しずつ力を取り戻していき、壮絶な戦いをしていきました。

最後は完全に力を取り戻し、卯の花を上回った強さを持った剣八によって斬られましたが、生死は不明。

ですがこの戦闘の後に勇音との会話や、戦闘が始まる前に京楽が

「君らが戦えばどちらかが死ぬ」と言っていたことから卯の花はこの戦いで剣八によって、そして最後に

さようなら 世界でただ一人私を悦ばせた男よ

と言ったことからも逝ったのではないかと思います。

私についた唯一の傷が疼いて仕方がないのですから

と言って、三つ編みを解いていた胸元には剣八やられた刀傷がありました。

「BLEACH」1冊分無料で読む方法

BLEACHの千年血戦篇は55巻からですがお試しで1巻分タダで読みたい!でも危険なサイトなどで見るのは怖い…

という人にはU-NETの無料トライアル期間に登録する方法がおすすめです!

U-NEXTはアニメや映画のイメージが強いですが実は電子書籍も読めてしまう優れたサービスです。

しかも31日間の無料トライアルに登録すると全員に600ポイントが配布されます。

BLEACHは1巻459円なので実質無料で読めてすごくお得ですよね。

↓今すぐBLEACHを1冊無料で読みたい人はこちら↓

 

さらにもっと詳しく漫画で読みたい人は無料トライアル登録で600ポイント貰えるU-NEXTで1巻分を無料で読み

その後は初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanで読むのがおすすめです。

「BLEACH」卯の花烈まとめ

いつもは優しく、温厚な彼女でしたがたまに怒る時が怖くて、涅マユリでさえも

知らず知らずのうちにどういうわけか紅に染まる」という彼女の宣伝を書いているくらいです。

卯の花は「本当」の「剣八」が現れたことで身をひき、回道を修行し、四番隊の隊長になりました。

この回道も「自分で自分を回復できればいくらでも戦える」という思いで会得したのではないかなと思いますが真意は分かりません。

ですが、剣八との戦闘時に「自分で自分を治療しながら戦う」ということをしていたので

この考えも間違いではないのかもしれません。

以上で「BLEACH」卯の花烈の紹介でした!最後までお付き合い頂きありがとうございました。

今すぐBLEACHを半額で読みたい人へ

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

千年血戦篇は55巻からです!