「BLEACH」小説ネタバレ 登場キャラやあらすじなどを解説します!

BLEACH
編集部

こんにちは、ひなたのーと編集部です!

今回は「BLEACH」の千年血戦篇後を書いた小説「Can't Fear Your Own World」について紹介していきたいと思います!!

小説だけのオリジナルキャラクターや千年血戦篇で活躍したキャラクターも登場します。

「BLEACH」の千年血戦篇のその後がわかる小説になっています。

ネタバレや主要人物の紹介もしていきますので、ぜひ最後までご覧ください!

今すぐBLEACH小説を半額で読む方法

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

小説は全3巻です!

アイキャッチ画像出典:©久保帯人/集英社

「BLEACH」小説の簡単な紹介

ユーハバッハ率いる滅却師と黒崎一護や死神達との戦いが終わってからの物語になっています。

この戦いが終わってから、霊王宮・鳳凰殿に封印してあった「已己巳己巴(いこみきどもえ)が盗まれていました。

蘇ったこの鳳凰殿の主人である二枚屋王悦は盗まれた時の刀傷を見て、四代貴族の関係者と確信します。

戦いから半年が経ち、まだその戦いの傷が癒えないまま現世などの三界を巻き込んだ事件が起きる話になっています。

また千年血戦篇では敵に狙撃されていたりと敗北ばかりしていて、あまり活躍のなかった「檜佐木修兵」が中心になっており

漫画では明かされなかった卍解や東仙のことなど、小説で詳しく解説されています。

「BLEACH」小説 登場人物とネタバレ

檜佐木修兵(ひさきしゅうへい)

©久保帯人/集英社

九番隊副隊長.瀞霊廷通信編集長。

仕事としてでもあるが、京楽からの依頼で「時灘」の記事作成をする。

今回の小説版で卍解を習得しています。

斬魄刀「風死(かぜしに)

命を自在に操る能力と肉体の再生能力がある。

卍解「風死紋縄(ふしのこうじょう)

漆黒の球体状になり、この球体から鎖が伸び、相手と自分に絡み付いてお互いの霊圧を吸って蓄積する。

アウラの襲撃にあい、浦原が攫われました。

攫われた浦原の救出と時灘を倒すために叫谷に向かいます。

綱彌代時灘(つなやしろときなだ)

©久保帯人/集英社

今回の小説の黒幕です。

最も権力を持っていると言われている四代貴族の一つ綱彌代家の現当主。

分家の末裔でしたが、本家の者を皆殺しに・・

彼が殺したとする証拠もなかったので怪しかったがそのまま当主になりました。

愛染と共に敵側になった東仙の親友。歌匡の夫でもありますが。彼女を殺害しています。

東仙が敵側になってしまったのは時灘と言ってもいい。

歌匡は綱彌代家の実験の為に嘘の優しさで結婚したことを知っていたことが時灘は許せなかった。

親友である東仙はそのことを知ってしまい、時灘に「友として貴様を斬る」と言い戦闘が始まりました。

その戦闘の中、時灘を探していた歌匡が2人の間に立ちはだかり止めようとしましたが、時灘は歌匡の体を突き飛ばし迷うことなく東仙ごと斬りました

その後、「妻が不貞をしている場面を見て、逆上したその相手が妻を斬り殺したため、仕方なく返り討ちにした」と嘘をつきます。

ですが、上級貴族で発言力が強かった京楽に証拠を突きつけられ追放処分になりました。

時灘は生まれつきのサイコパスであり、他人を虐げることに喜びを感じます。

斬魄刀「九天鏡谷(くてんきょうこく)

綱彌代家に代々伝わっている斬魄刀で、解放すると見えない鏡のような結界を作り鬼道も含めて相手の技や術を跳ね返します。

時灘の斬魄刀もありますが、追放された時に没収されています。

真の時灘の目的は「死後の世界が存在する確固たる証拠を見せつけ今までの宗教や死に対する概念を信じていた人達が混乱し、争い、自滅していくところを笑って眺める」ことでした。

京楽、平子、完現術者、時灘を裏切ることを決めていたアウラなどと戦闘をしていましたが、精鋭揃い相手でも時灘は立ち上がりまだ戦おうとしました。

そんな時、時灘が自作自演で暗殺をした一族と同じものを着た少女が時灘の背中に刀を刺します

時灘自身を殺すようにと自分で命じたことが今かと思った時灘でしたが、彼女は家族の仇として時灘の背中を何度も刺し続けました。

ですが彼女は暗殺者としてまだまだ未熟…。

刀を何度刺そうとも平気で立ち上がる時灘に恐怖を感じましたが、時灘の体はもう死ぬことを待つだけしかできませんでした。

そして時灘の最後は妻であった歌匡の名前を口にして死にました。

産絹彦禰(うぶきぬひこね)

©久保帯人/集英社

時灘の忠実な部下であり、死神・滅却師・虚の特徴が混ざっていて護廷十三隊の隊長格と同じくらいの霊圧も持っている。

オリジナルの移動技術も持っていて、回復力や成長速度も早い。

斬魄刀「已己巳己巴(いこみきどもえ)

鳳凰殿の海底で封印されていた斬魄刀。王悦曰く「雑魚に握れる刀じゃない」そうです。

彦禰の「脳」には「グレミィ・トゥミュー」の本体が使われています。

グレミィについては【BLEACH】グレミィ・トゥミューの正体は?強さの秘密など紹介していきます!で詳しく解説しています。

そのほかに完現術者から奪った「霊王のかけら」を核に数万人の人間と死神、滅却師の魂魄を使って無理やりアウラが作った存在です。

「虚圏の王」になろうとハリベル達の戦いに乱入しましたが、重症を負って退却しました。

退却したとこで檜佐木達と遭遇しましたが、治療を受けました。

道羽根アウラ(みちばねあうら)

©久保帯人/集英社

現世で話題になっている「XCUTION」という宗教の教祖。

自身の細胞と血液を分子レベルにまで操りあらゆる攻撃をすり抜ける能力を持っていて

霊王の鎖結を自分の魂魄内に持っており時灘と接触し事実上彼の部下として動いている。

また隊長格が使う九十番台の鬼道と同じ規模の術を使うこともできます。

銀城空吾

初代死神代行。

死神達に完現術者達を殺されたため」反逆している。

完現術者達は霊王のかけらを魂魄内に持っているせいで親が虚に襲われています。

この仲間殺しの真相を知る為に混成部隊に参加しています。

京楽春水

護廷十三隊総隊長。

時灘の追放処分に関わっていたため時灘から「敵」として認識されている。

五大貴族の始祖達が犯した罪についても知っている。

時灘の企てを防ぐ為に混成部隊を作り叫谷に向かいました。

朽木白哉

六番隊隊長で四大貴族である朽木家の現当主。

時灘に呼ばれて野望を聞かされていますが、霊王の正体を知らない。

四楓院夜一

四大貴族である四楓院家の先代当主

白哉と同じく時灘の野望を聞かされていますが、霊王の正体を見て知っている。

「BLEACH」小説版のまとめ

時灘の歪んだ性格を嘘の結婚でも自分が一緒に過ごして変えようとしていた歌匡。

東仙はそんな歪んだ性格の時灘が許せずそんな時灘を止められなかった自分も許せず

歌匡の優しさも届かず自分自身をも恨んで憎んで愛染と共に敵側になってしまったんだと感じました。

時灘は自分の野望の為にどれだけの人を傷つけ殺したのか・・・

京楽も涅マユリも時灘に煽られても完全無視で、クスッと笑ってしまう場面などもあります。

時灘に至っては終始嫌な奴でしたが、最後の最後に歌匡の名前を言ったことに少し思うところがあります。

その気持ちやもっと詳しい内容が知りたい!!という方は

ぜひ「BLEACH」小説版『Can't Fear Your Own World 』を読んでみてください。

お得に読むには初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!!

今すぐBLEACH小説を半額で読む方法

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

小説は全3巻です!