「チェンソーマン」岸辺とクァンシの関係性は?強さなども解説します!

©藤本タツキ/集英社
チェンソーマン
編集部

こんにちは、ひなたのーと編集部です!

今回はチェンソーマンの師匠的な存在である岸辺についてご紹介したいと思います。

序盤に登場しラスボスであるマキマに疑いを向ける唯一の存在です。

そしてデビルハンターとしても歴が長かったりします

ネタバレもありますので注意してください

U-NEXTでは無料トライアル期間に登録するだけで600ポイント貰えて「チェンソーマン」が1冊無料で読めます!

トライアル期間中に解約すれば0円ですので、気軽に登録して楽しみましょう

サービス名 配信状況 お得情報



1冊無料!

アイキャッチ画像出典:©藤本タツキ/集英社

「チェンソーマン」岸辺

岸辺とは

©藤本タツキ/集英社

第四巻で登場しマキマに頼まれデンジとパワーの師匠として登場しました。

指南役のデビルハンターであり死亡した姫野の師匠でもあります。

そして姫野の回想で初登場し「悪魔が恐れるデビルハンターは頭のネジが飛んでいる」と言い

まともでいるなと忠告していました。

その後、岸辺は特異一課の人間でしたがデンジとパワーの指南対魔四課の隊長になり

質問に答える二人に大好きだと言い首を骨を折る強行に出ました。

そして自称最強のデビルハンターと名乗りデンジとパワーに俺を殺してみろと言います。

この行動を見ると岸辺は狂った人物に見えますが実際は一番まともではないと思います。

デビルハンターとして活動すると教え子が死んでいきその度にお酒が増えるという

人間らしい一面もあり、死んでいった仲間を覚えているという弱さとやさしさをもっています。

そしてマキマを一番危険視し裏で動いていました

ずっと無表情で感情を見せませんが元バディであるクァンシが殺された時は「何も見たくねえ」と漏らしていました。

そして早川家で飼っている猫を預かり返す時「ニャンボちゃん」と言い、

最終巻でなつかれているのを見るとかなり動物は好きなのでしょう。

あとでクァンシとの関係性についても詳しく解説します。

「チェンソーマン」クァンシは魔人?能力や正体について徹底解説します!

強さ

最強のデビルハンターを自称していますがその実力は本物

契約は爪の悪魔、針の悪魔、ナイフの悪魔しかし代償として払えるものはほとんどないらしく

能力はもっていないと言えるでしょう。

しかし身体能力が非常に高く詳細は描かれていませんが魔人四人と渡り合い無傷で二人を確保します。

その後最初にデビルハンターであるクァンシと戦闘になりますが負けてしまいます、

かなり強いですが人外には勝てないのでしょう。

しかし「まともに食らったら死ぬ」と言われているクァンシの打撃を受けても平然としていたり、

窓から落下していても無傷でした。

過去

クァンシと元バディだった岸辺、七巻のおまけでその様子が描かれていました

そこで描かれている岸辺は表情豊かで女好きのように描かれていました。

そしてクァンシに何回もめげずに言い寄っていましたが殴られるというのを繰り返していたようです。

そこでは岸辺の特徴的な傷であるクァンシと組んで一年目に治らない傷となったようです。

そしてクァンシとは9年以上バディを組んでいたと分かりました。

「狂犬岸部」とも呼ばれていたので今より強かったと予想されます。

「チェンソーマン」岸辺との関係性を考察

マキマ

©藤本タツキ/集英社

同じ部下を持つ上司同士ですが岸辺はマキマを警戒していました。

四巻で岸辺は「襲撃は予想できた、お前が人間様の味方でいるうちは見逃してやる」と言います、

それに対しマキマは笑うのでした。

その後岸辺はクァンシに接触し「会話はマキマに聞かれている」と紙で見せ協力しようと仰ぎます、しかし交渉は決裂しました。

吉田ヒロフミとも密かに会話しそこでもマキマを警戒しているよに話していました。

そんな岸辺が動き出したのは第十巻、マキマの家を対マキマ対策部隊が襲撃、地獄の悪魔を呼び出しマキマを殺そうとします。

しかしそれには失敗してその後デンジとコベニを匿います。

ここで考察ですが何故岸辺はマキマの怪しさに気づいたのか何故マキマの支配から逃れていたのでしょう。

岸辺はマキマと対面した時「お前はなんだ?」とマキマの正体には気づかずただ危険だとは認識していたようです。

考えますと、岸辺は作品が始まる前からアメリカかどこからからの指示で対マキマ対策部隊を結成していたのではないかと思います。

ではマキマが何故岸辺を支配できなかったのか、それはできなかったではなく無関心の為しなかったのではないかと考えます。

つまりマキマにとって岸辺は注意するべき人間ではないという判断だったのでしょう。

マキマについての詳しく解説記事はこちら→「チェンソーマン」マキマは死亡したの?能力や正体について徹底解説します!

クァンシ

©藤本タツキ/集英社

クァンシと岸辺は元バディの関係で岸辺はクァンシの事が好きでした。

しかしクァンシはレズビアンであり想いは散っていったようです。

その後第七巻で再会岸辺はクァンシに協力を願います、しかしそれは断られ戦闘になりました。

しかしそこで岸辺がクァンシに協力を願うのを見ると信頼はあったのでしょう。

何故クァンシは岸辺の申し出を断ったのでしょう、それは愛人達に危険が及ぶと考えたからではないかと思います。

マキマは強いクァンシにとって抵抗しても勝てない相手であり会った時すぐに

降参して命乞いします、つまり戦っても勝てないと思ったのでしょう。

以上がクァンシの考察です。

クァンシと岸辺の関係がおまけ編で判明!

「チェンソーマン」岸辺は第二部で登場する?

気になるのは二部での活躍です!

第一部では生存しています、なので二部に登場するのは確実と言えるでしょう。

岸辺はデンジにマキマの生まれ変わりであるナユタを預けて消えます。

しかし生き残った数少ないデンジの仲間なので登場は確実です。

だけど登場しても死亡しないかと不安になりますね。岸辺はファンの間で第一部連載中死亡するのではないかと言われ続けていました。

その為第二部でもそれは言われるでしょう、しかしあの岸辺なので

しれっと生き残り続けるのかそれともあっけなく死亡してしまうのか気になります!

個人的には生存してほしいです!

「チェンソーマン」を1冊分お得に読む方法

チェンソーマンをお試しで1巻分タダで読みたい!でも危険なサイトなどで見るのは怖い…

という人にはU-NETの無料トライアル期間に登録する方法がおすすめです!

U-NEXTはアニメや映画のイメージが強いですが実は電子書籍も読めてしまう優れたサービスです。

しかも31日間の無料トライアルに登録すると全員に600ポイントが配布されます。

チェンソーマンは1巻459円なので実質無料で読めてすごくお得ですよね。

今すぐ詳しく知りたい人はこちら

さらにもっと詳しく漫画で読みたい人は無料トライアル登録で600ポイント貰えるU-NEXTで1巻分を無料で読み

その後は初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanで読むのがおすすめです。

「チェンソーマン」まとめ

いかがでしたでしょうか!

自称最強のデビルハンターである岸辺について少しでも分かればなと思います

第二部でも岸辺には活躍しほしいです!

最後までありがとうございました!

サービス名 配信状況 お得情報



1冊無料!