【BLEACH】アスキン・ナックルヴァールの能力は複雑?強さなども紹介していきます!

BLEACH
編集部

こんにちは、ひなたのーと編集部です!

今回は【BLEACH】に登場するキャラクターのアスキン・ナックルヴァールについて紹介していきたいと思います。

星十字騎士団ユーハバッハ親衛隊のオサレ担当アスキン。

能力の強さや性格、十字騎士団入った理由などもまとめてご紹介していきたいと思います。

それでは本題にいきましょう!

今すぐBLEACHを半額で読む方法

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

千年血戦篇は55巻からです!

アイキャッチ画像出典:© 久保帯人/集英社

「BLEACH」アスキン・ナックルヴァール

アスキン・ナックルヴァールとは

【聖文字】D

【能力】致死量(The Deathdealing)

聖文字(シュリフト)は、ユーハバッハが与えた固有能力と頭文字です。この頭文字は騎士団の序列としても使われてるが、強さだけで決まるものではないらしい‥

彼は、星十字騎士団のメンバーで滅却師であり、ユーハバッハの親衛隊(シュッツシュタッフェル)でもあります。

ユーハバッハから与えられた「聖文字」は「D

ユーハバッハについては「ユーハバッハとは?能力や強さなどを考察します!」で詳しく解説しています。

自分の能力を「みっともない」と嫌がっているのに、「自分の能力で倒すこと」にこだわっています。なぜかと言うと、力勝負や能力を使わずに倒すことは「デリカシーがない」から。

アスキン・ナックルヴァールの性格

口癖は「致命的」

「女の価値は顔よりオシャレか」で判断するそうです。

めんどくさがり、マイペースの癖強め。お気楽で何をしても気持ちが怠けていますが、冷静な考えは維持し、戦闘も消極的です。

相手の強さを感じ、めんどくさい相手や強い相手とは戦わずに自ら撤退をすることも。

アスキンが星十字騎士団に入った理由は、ユーハバッハが「何を創るのか見てみたい」という興味本位でした。

他の騎士団達や親衛隊とは違ってユーハバッハに対する忠誠心は「ポメラニアンの倍くらい」です。

「BLEACH」アスキン・ナックルヴァールの能力

霊圧を解析できる能力がとても高く、相手から攻撃を受けるとそのすきに解析していて免疫を作っている

「1分もあればどんな攻撃も無効化するだろう」と敵に言われる程。

「致死量」The Deathdealing(ザ・デスディーリング)

生き物が体内に摂取した時、その摂取量が超えると死に至る「致死量」

全ての生き物が100%で死に至る「完全致死量」

ナックルヴァールの能力はこの「完全致死量」を完璧に引き出して、自由自在に操る能力を持っています。

ただ、能力発動には条件があり「操りたい物質を自身の体に大量に取り込まなければならない

この能力は恐ろしく、摂取だけでなく「元から体内にある体液なども操れる対象」になり、対象になるものを決めるのもナックルヴァールです。

この能力の応用で、霊圧や物質に対する耐性を上げ下げすることもできます。

自分に能力を使って相手の霊圧に耐性をつけ攻撃を食らわず、自分で取り込んだものに対して耐性をもちつつ猛毒に変えることもできる。

アスキン・ナックルヴァールはこうして自分にも能力を使って、不死に近い状態になれる。

完聖体「神の毒見(ハスハイン)」

見た目が近未来的な感じになり、「毒の変異に適応」することが追加される。

相手の霊圧の根が同じなら霊圧を変えても瞬時に適応できるので、防御力がかくだんに強くなる。

「BLEACH」アスキン・ナックルヴァールの技名

毒入りボール(ギフト・バル)

対象となった物質の中の玉を相手に投げて、命中した相手を「致死量」でじわじわ倒す。

作中では「霊子」「酸素」「窒素」を合わせて致死化させた毒のボールを投げていました。

完聖体になった時には「極上毒入りボール(ギフト・バル・デラックス)」という最大サイズのボールを作りだし使用します。

毒入りプール(ギフト・バート)

相手を致死未満のレベルにまで下げれる空間を作る技。

猛毒領域(ギフト・ベライヒ)

極上毒入りボールの周りに猛毒の結界を作り、相手をその空間に閉じ込めます。

アスキンが言うには「絶対脱出不可能」で作中では完聖体後に使っている技になります。

猛毒の指輪(ギフト・リング)

アスキンがしている腕輪を相手に向け投げつけます。

腕輪が投げられている途中で指輪くらいのサイズになるため相手は消えたかと思って油断する。

致死量をそこに集めて威力を高め、この指輪が当たったところは即死します。

「BLEACH」アスキン・ナックルヴァールの弱点

滅却師共通の「虚の霊圧」に対しては免疫を持つことはできません。

また、能力を使うための「物質の大量摂取・対応」が間に合わないので、不意打ちや一撃で相手を倒せるような攻撃が弱点になります。

能力を解析できる頭の良さ、色んな対抗策を持っている涅マユリと浦原喜助に対しては自分と相性が悪いと判断し、撤退している。

「BLEACH」アスキン・ナックルヴァールの戦闘

零番隊・二枚屋王悦との戦闘

親衛隊としてユーバッハに呼ばれ、戦わずに見ていたが二枚屋王悦にやられた仲間3人を見て動き出しました。

自身の能力を使い戦うも、「致死量」に侵したはずの王悦の血は麒麟寺天示郎がかけた「赤い血」で入れ替えられていて、王悦に一撃でやられました。

だけどユーハバッハの「聖別」で復活をし、逃げ回ったりして油断させたアランカルのグリムジョーを「ギフト・バル」で倒したりもしていました。

黒崎一護・夜一・夕四郎との戦闘

一護とも戦闘していて、助けにきたチャドと織姫と共に「毒入りプール」で霊子中毒にし、そこにきた夜一との戦闘。

夜一に圧倒され一護達を逃がしてしまい、夕四郎の加勢を防げませんでした。

だが、夜一と夕四郎の攻撃に対して耐性をつけて反撃し、夜一と夕四郎を圧倒しました。

浦原喜助との戦闘

浦原は元護廷十三隊十二番隊隊長兼技術開発局初代局長です。

アスキンは浦原の両目を潰すなどの戦闘をしていましたが、「猛毒領域」は「侵入は不可能じゃない」と浦原に見破られました。

そして、浦原の卍解「観音開紅姫改メ(かんのんびらきべにひめあらため)

「触れた物を作り変える」能力で「帰刃したグリムジョーを猛毒領域の中にいるナックルの元に誘導する」という作戦でグリムジョーに心臓を潰される「致命的ダメージ」を受け死亡しました。

ただ、「極上毒入りボール」の濃度を強化する置き土産を死に際していきました。

浦原の卍解は閉鎖空間の出入り口を作ることもできます。

「BLEACH」アスキン・ナックルヴァールのまとめ

アスキン・ナックルヴァールは自分び能力を詳しく敵に話してしまう「致命的」な部分もあったり、敵から逃げたりとちょっと面白いとこもあります。

虚以外の霊圧なら免疫をつけれるのもかなり戦闘には有利だと思いました。

ただ、最初は自分で「致死量に使う物質」を取り込まないといけないのはリスクが大きいなぁと思っていましたが

それに耐性をつけれて尚且つ猛毒に変えることもできると知ったときは、ただ関心しました。

BLEACHの千年血戦篇は単行本55巻からですが、お得に読むには初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです

それでは最後まで読んでいただきありがとうございました!

何かを告げるかのように、尸魂界に鳴り響く警報音。突然、姿を消した流魂街の住民達。一方、一護達のいる空座町にも、静かに不穏な影が近づいていた…。終焉へと動き出した物語。最終章・千年血戦篇、開幕!!