【BLEACH】エス・ノトがトラウマすぎる…!能力や過去も解説します!

BLEACH
編集部

こんにちは、ひなたのーと編集部です!

今回は【BLEACH】千年血戦篇に登場する「エス・ノト」についてご紹介します!

見た目が怪しく、話し方も変わっている彼ですが

能力や過去なども興味深いのでぜひ最後までご覧ください!

今すぐBLEACHを半額で読む方法

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

千年血戦篇は55巻からです!

アイキャッチ画像出典:© 久保帯人/集英社

【BLEACH】エス・ノトとは?

【聖文字】F

【能力】恐怖(The Fear)

聖文字(シュリフト)は、ユーハバッハが与えた固有能力と頭文字です。この頭文字は騎士団の序列としても使われてるが、強さだけで決まるものではないらしい‥

ユーハバッハ率いる「星十字騎士団(シュテルンリッター)」の滅却師です。

ユーハバッハについては「ユーハバッハとは?能力や強さなどを考察します!」で詳しく解説しています。

鼻から下を棘があるマスクで隠していて、黒髪ロングで作中では眉毛がないのが特徴的です。

自分のことを「僕」と言っているので多分男性。

話し方にかなり特徴があり、ひらがな・カタカナ・旧カタカナ・漢字などが混じった話し方をします。

笑い方が、「あハ」「アは」「はハ」などかなり不気味な笑い方をしていて、狂気で溢れている笑い方などする時もあります。

【BLEACH】エス・ノトの能力

ユーハバッハから与えられた「聖文字(シュリフト)」は恐怖の名を持つ

「F恐怖の幻影による精神崩壊

The Fear(ザ・フィアー)

命中した相手に絶大な「恐怖」のイメージを与える棘の矢を放ちます。

幻術系能力の一種なのでこの恐怖のイメージは十人十色です。

護廷十三隊の一般隊士はこの攻撃に当たると一瞬で発狂し、精神が崩壊する。

また、エス・ノトは話術もあるので自身のこの能力と話術で、強い精神力がある護廷十三隊六番隊隊長である朽木白哉でさえ恐怖で一時的に戦闘不能にさせました。

ただ弱点もあり、「恐怖が微塵もない相手」には恐怖のイメージがないのでこの能力は効きません。

また、ルキアのように自分自身を凍らせたりすることで能力を無効化にしていました。

血装(ブルート)

「星十字騎士団」全員が使う戦術の1つで、自分の血管に霊子を流し込んで攻撃と防御の能力を上げる技です。

動血装(ブルート・アルテリエ)」攻撃用血装

静血装(ブルート・ヴェーネ)」防御用血装

戦闘中に切り替え、攻撃は護廷十三隊隊長格の卍解を上回る力があり、防御は自分の皮膚を固くして刃を防ぎます。

完聖体「神の怯え(タタルフォラス)」

©久保帯人/集英社

翼と光輪ができ白目になり目の下には血涙のような模様が出て、マスクが取れて唇がなく歯が剥き出しの姿になる。

胸からかなり下の方まで一直線にホチキスみたいなものがついていて、これはエス・ノトの過去と関係があるのではないかと思います。

かなり不気味な見た目をしていて、相手を無数の目が付いた幕で囲って視神経を通して能力である「恐怖」を与える。

この無数の目は上下左右どこを見ても「恐怖」の能力にかかってしまい、相手の過去の記憶から更に「恐怖」を与えるので精神ダメージが増える。

【BLEACH】エス・ノトの戦闘

騎士団の仲間である「ナナナ」と「バズビー」と一緒に護廷十三隊総隊長・山本元柳斎重國を後ろから襲います。

しかし攻撃を仕掛ける前に丸焼きにされたかと思いましたが、「バズビー」が自分の炎で総隊長の炎を相殺し、助かっています。

朽木白哉との戦闘

「星十字騎士団」が持っている死神の卍解を奪える「メダリオン」で白哉の卍解「千本桜景厳」を奪い

かなり気に入っていましたが死神達がこの「メダリオン」に対しての対策をしました。

奪われた卍解はこの対策のおかげで白哉に戻り、エス・ノトに奪われたことで「千本桜との絆が深まった」と言われました。

完聖体後は白哉に始解で能力を破られたり、取り返された「千本桜」の話をされて激怒し体の至る所が腐敗していき、その腐敗したとこから肉塊を作り巨大化しました。

この巨大化で肋骨が突き出していて、目玉がただれ落ち多様な異様な姿になりましたが攻撃を仕掛ける前に護廷十三隊で白哉の義妹である朽木ルキアにやられてしまいました。

「千本桜」が無くなったエス・ノトは

アはっ 怖イ?僕ハ 淋シい 淋シい 淋シい 淋シい 淋シいヨう……僕ノ千本桜ハどこ?

とかなり淋しがっていました。

朽木ルキアとの戦闘

初めは始解したルキアに能力を無効化され圧倒されていました。

ですが、完聖体になり無効化されていた能力でルキアを精神的に追い込み絶叫させていました。

倒せると思ったところに朽木白哉が加勢し助け、白哉のアドバイスのおかげで戦う力が出て

ルキアは零番隊の元で修行し得た卍解「白霞罰(はっかのとがめ」の絶対零度を発動。

ルキアの卍解で体の芯まで凍らされ、最後は自分が死ぬことへの恐怖に怯えながら死んでいきました。

【BLEACH】エス・ノトの過去

ユーハバッハと出会う前は普通の話し方をしていました。

エス・ノトは人工呼吸器をつけていなければ生きていられない重病を患っていました

ユーハバッハが自分の能力を使い彼は生きながらえました。

そしてエス・ノトは自分の命を救ってくれたユーハバッハの怒りに触れ、力を奪われることを恐れていました。

また、重病の時に味わった苦しい経験などが死に対しての恐怖を持った原因です。

【BLEACH】エス・ノトのまとめ

【BLEACH】の漫画の中でエス・ノトの巨大化した時の姿が一番夢に出てきそうな程恐ろしく、異様でした。

また、エス・ノトとの戦闘時もルキアが朽ち果てているところなど出てくるので、戦闘や能力など印象強いキャラクターかなと思います。

そして彼の能力もまた強く、「恐怖」を支配している者という感じでしたが

最後は自分自身で「恐怖」を感じながら死んでいきました。

BLEACHの千年血戦篇は単行本55巻からですが、お得に読むには初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです

以上がエス・ノトについての紹介でした!最後まで読んで頂きありがとうございました!

今すぐBLEACHを半額で読む方法

  • 下のボタンをクリック
  • タイトル名を検索
  • 初ログインで50%クーポンが6回使える!



50%オフ
eBookJapanで今すぐ読む

千年血戦篇は55巻からです!