「呪術廻戦」乙骨憂太と里香の関係は?能力や過去を解説します!

マンガ
編集部

こんにちは、ひなたのーと編集部です!

今回は乙骨憂太がどんな人物か、術式や強さ

また0巻で明かされる里香との関係性についても紹介していきます!

それでは是非、最後までご覧ください!

U-NEXTでは無料トライアル期間に登録するだけで600ポイント貰えて「呪術廻戦」が1冊無料で読めます!

31日間のトライアル期間中に解約すれば0円ですので、気軽に登録して楽しみましょう

サービス名 配信状況 お得情報



1冊無料!

アイキャッチ画像出典:©芥見下々/集英社 

「呪術廻戦」乙骨憂太とは?

©芥見下々/集英社

乙骨憂太プロフィール
  • 年齢:17歳
  • 生年月日:2001年3月7日
  • 所属:東京都立呪術専門学校2年
  • 等級:特級呪術師→4級に降格→特級
  • 好きな食べ物;塩キャベツをごま油で(和える?)
  • 嫌いな食べ物:ステーキの脂身
  • 特技:ネリケシ作り
  • ストレス:同級生と会えないこと
  • 身長:180㎝弱(伏黒恵恵よりやや高い)
  • 出身地:宮城県
  • 家族構成:両親、妹

性格温厚で優しいが、気弱で内気な面も。

友人をとても大切にしていて、0巻で夏油に真希たち同級生を傷つけられた際に激怒する姿を見せています。

術師としては感情に左右されず、状況を的確に判断する冷静さも持ち合わせている。

あと伏黒と五条と偽夏油からは以下のように評価されています。

  • 伏黒恵:「唯一手放しで尊敬できる人」
  • 五条悟:「自分と並ぶ呪術師になる」
  • 偽夏油:「私はあの子にそこまで魅力を感じないね」

癖の強い特級呪術師たちの中でもかなりの良識人ですが、その強さについては評価が分かれているようです。

特級呪術師4人についての記事はこちら→「呪術廻戦」特級呪術師4人をまとめて紹介!強さや能力も解説します

「呪術廻戦」乙骨憂太の強さ

高専入学後は、特級過呪怨霊である折本里香の呪力を五条からもらった刀(呪具)に込めて戦闘に使用していました。

また以下のような能力も確認されています。

  1. 里香の呪力を使って術式をコピーする。
  2. 呪力を使って自分の体を強化することができる。
  3. 呪術高専専属の医師家入硝子と同じように、負のエネルギーである呪力を掛け合わせることで、正のエネルギーを生み出す「反転術式」を使って他人を治療することができる

反転術式は五条も使えるが、治療できるのは五条自身のみ。

乙骨や家入は「他人に正の力を流し込む」ことができる。

では、五条と乙骨ではどちらが強いのでしょうか??

これについては作者が公式ファンブックで、キャラの中で最強なのは五条だと明言しています。

「呪術廻戦」乙骨憂太と里香の関係性とは?

9歳のころ、仲の良かった「折本里香」と結婚の約束をした乙骨。

しかし、彼女は交通事故に遭い死亡してしまう。

それ以降、特級怨霊呪霊となってしまった里香。

呪われた乙骨は、特級被呪者となり、彼女と共に行動することになる。

2016年11月、乙骨に対して執拗な嫌がらせを続ける同級生4人を里香がロッカーに詰めて重傷を負わせるという事件が発生。

里香は、「乙骨に危害を加える」と判断した対象に攻撃してしまうのです。

あまりにも危険な存在で放置できないと判断された乙骨は、完全秘匿で死刑されることが決定し、本人もそれを了承。

他の人を傷つけたくないからもう外には出ないという乙骨。

しかし「里香」を祓うリスクが高すぎることから、五条の管理下で呪術高専に転校し呪いについて学ぶことに。

五条のおかげで乙骨は真希、パンダ、狗巻らと出会い、充実した高校生活を送っていた。

乙骨は、里香の呪いを解くため鍛錬に前向きに励むようになった。

そこに呪詛師となった夏油が、里香を手に入れるため乙骨の殺害を計画。

2017年12月24日、百鬼夜行を行う陰で高専を襲った夏油に友達を傷つけられ、乙骨は激怒。

夏油を倒すために自分を生贄にして呪力の制限を解除することを選択。

呪力の制限解除のために、乙骨は「自分も里香と共に同じところに逝く」という約束をしたのです。

その結果、夏油の右腕を吹き飛ばすほどのダメージを与え、撤退させます。

ところが、乙骨は死ぬことなく里香の解呪に成功。

その時に、里香が乙骨を呪っていたのではなく、里香の死を拒んだ乙骨が里香を呪っていたことが明らかになります。

菅原道真の血を引く乙骨の呪いは非常に強力なものだったが

主従関係を解消し里香もペナルティを望んでいなかったことから、里香は乙骨と離れ、天国へと旅立ちます。

また乙骨と里香の関係は呪術廻戦0巻で詳しく描かれています。

「呪術廻戦」乙骨憂太の現在と今後の展開予想

その後乙骨は、ミゲル(0巻で五条と戦闘した、特殊な呪具を使う外国人)と共に海外にいましたが、五条が偽夏油に封印されたためアフリカから再び東京へ。

0巻以降、137話で久しぶりの登場を果たすが、虎杖の死刑執行人、つまり敵として姿を現した乙骨

乙骨とミゲルが海外にいた理由は、百鬼夜行の時に五条に壊された呪具(黒い縄のようなもの)を手に入れるためにアフリカに行っていたようです。

乙骨は戦闘の末、虎杖の心臓を突き刺し死刑を執行するが、心臓が止まるとともに反転術式で虎杖を蘇生する。

自分がなぜ生きているのか訳が分からない虎杖に、

「よかった~~~」と安堵する乙骨。

実は死刑執行は高専の目をごまかすための芝居だったことを伝えます。

乙骨は、五条から万が一自分に何かあったら1,2年生を助けるように頼まれていたのだそうです。

特に、秘匿死刑という扱いになった、かつての乙骨と同じ状況にある虎杖を助けるように頼まれていたと。

「君が背負った力は君の力じゃない。君は悪くない

現在は、偽夏油こと羂索(けんじゃく)が仕組んだ死滅回游(しめつかいゆう)に参加。

死滅回游が終わるのは、「参加者全員が死ぬか、参加者全員参加を拒否して死ぬか」。

乙骨と伏黒はゲームに参加し死滅回游から抜け出すルールを追加するため、それと並行して五条の解放を目指すことに。

さらに、虎杖からは、「次俺が宿儺と変わったら殺してほしい。」と頼まれています。

承諾した乙骨は今後の展開によっては虎杖を殺さなくてはなりません。

乙骨と虎杖の戦闘で見られた「リカちゃん」の正体も気になります。

呪いとしての里香はもう存在しないので、何を「リカちゃん」と呼んでいるのか。

推測では、乙骨が新しく手に入れた特級呪具と思わしき刀=リカちゃんだと思われます。

まだまだ未知な部分が多い乙骨の術式ですが、今後死滅回游に参加する中で明らかになるでしょう。

「呪術廻戦」乙骨憂太のまとめ

乙骨憂太が五条と並ぶ特級術師であるその理由には、「折本里香」という存在が深く関係していました。

本編では深く語られない乙骨と里香の関係は、0巻でぜひ詳しく読んでいただければと思います。

また、本編で再登場した乙骨の今後の活躍も楽しみですね。

もっと詳しく呪術廻戦を読むには無料トライアルでもらえる600ポイントを使い1冊無料で読めるU-NEXTを利用して

その後は初回ログインで1冊50%オフクーポンが6回使えるeBookJapanがおすすめです。

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

サービス名 配信状況 お得情報



1冊無料!